スーパー和食で健康長寿を! スーパー和食とは、昭和50年(1975年)の食卓を彩っていた食事を指しています。経済の成長とともに、魚を中心とした伝統的な和食に肉を中心とした洋食が合わさり、絶妙な構成バランスを作り出しており、様々な特徴を持ったこの時代の食事は、健康長寿を促し、生活習慣病にも効果の期待できる、最強のスーパー和食と言うことが出来るのです。(東北大学  農学部  都築 毅 准教授  研究チームによる)

スーパー和食 8の特徴

1.肉より魚が中心の献立 2.海藻をしっかりとる 3.品数が多い 4.ご飯とみそ汁が基本 5.野菜や果物が豊富 6.大豆食品が多い 7.出汁を使った味付け 8.和洋折衷のメニュー

昭和50年(1975年)の構成バランスを目指します。

昭和35年(1960年)塩辛い味付けのおかずでご飯をしっかり食べていた「一升飯を食えない奴は男じゃない」という地域もあった(らしい)御飯が中心の為、炭水化物の摂取量が多く、調理法は焼く・煮るが中心の為、脂質の摂取量が少ない。平成24年(2012年)主食は肉料理が多くご飯よりもおかずがメインになっている健康やダイエットのためにと、ご飯の量を減らしている人や抜いている人も多いおかずに重点が置かれるようになり、炭水化物の摂取量が減り、欧米化により、脂質の摂取量が増えている。スーパー和食昭和50年(1975年)たとえ洋食のおかずでも、ご飯とお味噌汁は欠かさなかった。主菜は魚料理が多く、ときどき肉料理を食べた。肉はまだちょっぴりごちそうだった。おかずが豊富になることで、ご飯の割合が昭和35年より減っている。脂質についても、和食を中心としながら、洋食が増えることによって充足し、全体的なバランスが取れ、摂取栄養素の過不足がなくなっている。